学歴によって差があるか

学歴によって差があるか 看護師は国家資格を持ったスペシャリストであり、資格がなければ仕事に就くことができません。逆に言えば、資格さえあれば学歴に関係なく平等に就労するチャンスがあります。ただ、待遇面においても一律であるとは限りません。

看護師に関する求人情報を扱う企業が調査したところによると、短大卒と4年制大学卒とでは、給与水準は月額ベースでおおむね1万円程度の差があるとのことです。つまり、卒業した学校の種別によって受け取ることのできる給与の額が違うということになります。しかし専門学校卒と短大卒、4年制大学卒と大学院修了はそれぞれ同程度の給与水準となっています。また、この数値は世の中全体における学歴別の賃金格差に比べると小さいとされています。
なお、医療機関でなく製薬会社などの一般企業や研究施設などで働く場合は、求人への応募資格そのものに4年制大学卒以上、大学院前期課程修了以上といった具合に条件が定められていることがあります。

看護師の求人の傾向は地域によって差がある

看護師の求人の傾向は地域によって差がある 看護師の仕事は全国的に需要がありますが、地域によって求人傾向には違いがあります。需要と供給のバランスが年収に影響するため、医療機関の少ない地域だと看護師の待遇がよいケースが多いです。

多くの職業は人口密度の高いエリアほど年収が上がる傾向がありますが、医療関係の仕事に関しては看護師を含めて都市部ではなくても高収入を狙えるケースが多々あります。年収は病棟勤務で500万円が相場ですが、地域によって50万円くらいは前後してきます。看護師長などマネジメント能力を求められる立場にあると、年収はプラス100万円程度を期待できるでしょう。

現在でも売り手市場の業界には違いありませんが、現在はインターネットの求人サイトで簡単に仕事を探せる時代になっています。そのため好待遇の仕事を見つけやすい反面、応募が殺到することが多いです。好待遇の職場に就職するためには、素早く行動することが重要であり、即日応募を基本に活動してください。