看護師を求人する場合の注意点

看護師を求人する場合の注意点 病院開業にあたって看護師を求人する場合、個人経営のクリニックであるか、入院ベッドがある総合病院であるかによって、採用基準も違ってきます。軽い風邪程度で自宅近くのクリニックに行ったことがある人もいると思いますが、そこで働いている看護師たちがやっていることを観察してみると、特に神経を使うのは採血するときくらいで、他は大したことはやっておらず、若くて経験が浅い看護師でもなんとか務まります。
検査も外部委託しており、患者との濃厚接触はほとんど無いのでスキルよりも見た目や性格の良さなど接客重視で選んだ方が良いです。個人経営のクリニックの評判は、ほとんどドクターの能力と対応にすべてかかっています。入院患者を受け入れる総合病院の看護師は、点滴や投薬補助、毎日のバイタルチェックなど仕事に忙殺され、さらに手術の器械出しや救急対応もやるので、かなりのスキルが必要になります。そのため、ベテランを多く集めた方が良いです。頭が良くドクターの方針や考え方をすぐに理解し、自分から動き次の指示が読めるくらいの人を揃える必要があります。

大学病院の看護師求人は一般病院とどう違う?

大学病院の看護師求人は一般病院とどう違う? 現役の看護師さんや、これから看護師を目指そうとする方にとって、就職先を一般の病院にするか大学病院にするのかは非常に重要な問題になってきます。人の命を救う・患者さんのケアを行うという点においてはどちらも変わりはありませんが、就業先の人数配置や運営形態も様々変わってきます。
大学病院はその名の通り、大学や研究機関に付随する病院となるため、研究や教育を目的として運営されています。そのため学会や研修などの勉強会が充実しており、医師だけでなく看護師も勉強を積みたい方にとっては参加できる機会が多くあります。なかなか一般の病院では知りえない最新の専門知識や技術を学べる機会も多いことがメリットになります。
また気になるお給料や福利厚生の点においては、平均すると一般的な病院よりも高く、福利厚生も充実していると言われています。国公立や私立の病院で福利厚生面の内容は変わってくるので事前に確認をしておいた方がいいでしょう。自分のキャリアの考え方によって求人を選んでくださいね。